alternative-live

sanographix-memo:

付録にTumblrテーマがついてくる同人誌「同人作家のためのTumblr入門」をC85で頒布します

同人作家のみなさんこんにちは、日本同人誌デザイン協会(jadda)は、新刊『同人作家のためのTumblr入門』をコミックマーケット85にて頒布します。場所は 3日目 西め-18b です。

本誌はまだ Tumblr を使ったことのない同人作家向けに、Tumblr の魅力と活用法を紹介します。さらに、同人誌としては日本で初めて(たぶん)、付録にTumblrテーマがついてきます。詳しくは C85 特設ページ をご覧ください。

geek-art:

Geek-Art.net

Know your classics guys ! Arcades by Komboh ! More arcades here 

#geekart

 「日本人は時間を守るとか団体行動に向いているというのは嘘だ。どちらも東京オリンピック以降に確立したものだ。それまでの日本人は落語に出てくる八っつぁん、熊さんみたいなもので、時間に遅れてくるのは当たり前だと平然としていた。みんな、そのことを忘れている」

 職人気質で団体行動に向いていなかった日本人は国家的イベントのオリンピックを経験して、いつのまにか工業社会に適応する国民性を身に着けたのである。

さて、時代は昭和40年~50年代、場所は京浜工業地帯。産業道路と言われる幹線道路はトラックにダンプが競うようにして走っていた頃。当時車道を走っていた自転車は左後方が見にくいトラック、ダンプに毎日巻き込まれてタイヤに踏みつぶされるという凄惨な事故が毎日のように発生していました。それこそ小学生から老人まで、老若男女を問わずです。

その教訓からトラック、ダンプには通常のミラーだけではなく、

・左下を見られるミラーの追加 ・左ドアの下側を透明化 ・巻き込み防止用のバー

が義務付けられました。

私が日本で一番驚いたのは、29歳の良い歳をしたおっさんが一人で家を借りられない、という事でした。最終的に、伯父を連帯保証人として使わせて貰うことで事なきを得たのですが、これには驚きました。別に収入がない訳でもなく、収入から払えない家賃を払おうとしているのでもなく、犯罪履歴がある訳でもない。それでも、私に対する社会における信用は、一人で家を借りるのに値しなかったのでしょう。 この理由は未だにあんまりはっきりしていませんが、不動産屋の言うことを聞いたりしていると、収入は勿論の事、どこで働いているのか、その勤め先の設立年数、私がそこで働き出してどれくらいになるのか、今住んでいるところに住み始めてどれくらいになるのか、などが非常に重要とされているみたいでした。私は15歳の時から米国に住んでいたので、今回日本に来た事で、勤務年数や居住年数なんかはほぼ0でした。 これは、日本で人が転職を懸念する理由としては非常に大きい。私ならしたくないだろう。米国で転職するのとは訳が違う。米国で転職しても、クレジットスコアは私についてくるので、転職したてでも車のローンは組めるし、収入に見合ったところなら家も借りられる。日本では人の流動が少ないと良く聞くが、そんなの当たり前だ。リスクが大きすぎる。少なくとも、米国のそれよりは大きい。
yellowblog:

感覚派デザイナーも知っておいて損はない「デザインの要素と原則」 | Design | WebNAUT
uinyan:

Twitter / niichi021: ウサギ系彼女とかにそろそろ飽きてきたので、彼女系ウサギ描いた …

電気ブラン(でんきブラン)は、東京都台東区浅草にある神谷バーの創業者、神谷伝兵衛が作ったアルコール飲料。

当時電気が珍しかった明治時代に誕生した、ブランデーベースのカクテルである。大正時代に流行した文化住宅・文化包丁などの「文化…」、あるいはインターネットの普及につれて流行した「サイバー…」や「e-…」などと同様に、その頃は最新のものに冠する名称として「電気…」が流行しており、それにブランデーの「ブラン」を合わせたのが名前の由来である。発売当初は「電氣ブランデー」という名で、その後『ブランデー』ではないことから現在の商標に改められた。

その度数は当時45度と高く、口の中がしびれる状態と、電気でしびれるイメージとが一致していたため、ハイカラな飲み物として人気を博した。ただし発売元の合同酒精では、電気ブランという名称の由来は「電気との言葉がひどくモダンで新鮮に響いたから」とし、「口の中が痺れるため」という説は否定している。ブランデー、ジン、ワイン、キュラソー、そして薬草が配合されている。材料の詳細、配合の割合は今も秘密にされている。

現在もオエノンホールディングス傘下の合同酒精株式会社が醸造・販売を行っており、普通に購入できる。

度数により、電気ブラン(30度)、電気ブランオールド(40度)の2種類がある。神谷バーのメニューでは前者をデンキブラン、後者を電氣ブランとしている。

いま、25歳の人の9割は、ある事実を知らない。

その事実とは、26歳から30歳までの間に恐ろしく出会いが無いという事実。

26歳から30歳までの間に“2回以上会う”ことになる「結婚適齢期の独身の異性」は普通100人もいないのだ。

人によっては20人以下かもしれない。

【訃報】Bose創業者・ボーズ博士 高いスピーカー買ったら音がカスだったことにキレて創業
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1373697225/



78 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2013/07/13(土) 16:06:01.73 ID:FwB19IUBO
本業の美術評論と純文学が全然売れずに神経衰弱にかかってしまった文学者が、
療養中に読んだ推理小説のレベルの低さに憤慨して、
「こんなもん俺の方がよっぽど上手いわ」と推理小説に転向。

後のベストセラー推理作家S・S・ヴァン・ダイン


トラクター会社の社長が、購入したフェラーリのスポーツカーのクラッチ構造で
メーカーに意見したら、御大エンツォ・フェラーリに、
トラクター屋風情が口出しすんなとバカにされて憤慨、
「自前のスポーツカーでフェラーリを倒す!!!」

トラクター製造会社ランボルギーニ、スポーツカー製造に乗り出す。


5歳の少年ロレンツォ・オドーネが難病の副腎白質ジストロフィーにかかり、
どの医者も薬も効き目なく病状が悪化する中、「絶対に息子を助ける」と決心した父親の
銀行員オーギュストは、医学知識ゼロの状態から世界中の資料と医学者を尋ね回り、
遂に独学で病状を抑えるオイルを開発。

余命2年と診断されたロレンツォは闘病を重ねながら30歳まで生き、
この実話は「ロレンツォのオイル」という映画になった。


奮起した人間が凄い力を出す事が色々ある。
明治の人は会話の中で「か」と「くわ」を区別していた。昭和20年代になっても、年輩の人で学校の先生だったような人は、「鑑賞(かんしゃう)」と「観賞(くわんしゃう)」ははっきりちがっていた。明治の人でもそうなのだから、江戸時代以前の古典を読む場合、昔の発音で読むのを原則とするならば、当然、「か」と「くわ」を区別して読まねばならない。しかし、今の私たちには、それはたいへんな下準備が必要になる。明治・大正の人は「鑑」「観」「巻」「漢」「完」などを見て、ほとんど無意識に「くわん」と「かん」とを読み分けた。私たちはひとつひとつ辞典で歴史的仮名遣いを確かめないと読めない。

鑑賞 かんしやう
干渉 かんせふ
勧賞 くわんしやう
完勝 くわんしよう
環礁 くわんせう

これらの漢語は今では「かんしょう」と読み、現代の国語辞典では一個所に並んでいるが、歴史的仮名遣いで振り仮名を付けると、右側に書いているとおり全部違う。これを見ると、辞典を見ないで正しく歴史的仮名遣いの振り仮名を付けられる人は、今の時代ほとんどいないのではないかと思う。専門家ででもない限りそんなことをする必要もないし。

そんなとき、gitプロトコルでリクエストをする場合に、自動的にhttpsとして実行するように変更すると幸せになれます。

git config —global url.”https://”.insteadOf git://

これは、高卒で働く若者が多く、若いうちに結婚して子どもを産む地域で人工妊娠中絶が多いことを意味している。九州・四国・中国・東北は若いころからセックスする機会が多く、それがデキ婚や中絶につながっていると考えてよさそうだ。